悲願の初賜杯!待望の日本人横綱誕生ほぼ確定!

大相撲初場所で稀勢の里が待望の初優勝を果たしました。まだ今後の理事会や横綱審議員会の結果次第ですが、横綱昇進が事実上決まったようです。思えば、大相撲では横綱をモンゴル勢が独占し、日本人が横綱に昇進したのは若乃花までさかのぼらないといけません。朝青龍、白鵬と強力な横綱が君臨し続け、土俵の外ではさまざまなスキャンダルが起き、相撲人気も一時はかなり危機的な状況となりました。しかし、白鵬一強体制から脱しつつあり、琴奨菊や豪栄道の大関陣が優勝するなど日本人力士たちも活躍が目立ち始め相撲人気も上昇傾向にあるように思います。そこに来て今回一番横綱昇進への期待を長らくこめられ続けてきた稀勢の里の初優勝という事で、多くの相撲ファンが涙を流したことでしょう。期待が大きかった分稀勢の里本人にかかるプレッシャーも相当なものだったでしょう。それに押しつぶされることなく、一歩一歩前進し続け今回の優勝につなげていきました。まさに先代の師匠隆の里譲りの努力のたまものと言えるでしょう。これからも一歩一歩大横綱への道を歩んでもらいたいものです。頑張れ稀勢の里!http://www.navigationsolutions.biz/

悲願の初賜杯!待望の日本人横綱誕生ほぼ確定!